酒田市内観光3時間コース

Bコース

トップページ > 観光タクシー > 酒田市内観光3時間コース【Bコース 】

b01

土門拳記念館

b02

鐙屋

b03

本間美術館と庭園

日本の豪商として有名な本間家の繁栄と世界最初の写真記念館

観光コース

酒田市内各所 → 本間美術館 → 本間家旧本邸 → 舞娘茶屋相馬樓 → 山居倉庫 → 土門拳記念館 → 酒田市美術館 → 酒田市内各所

料金 ジャンボ 中型車 小型車
20,200円 18,000円 14,700円

※利用車種 ジャンボ9人 中型車5人 小型車4人 まで
※観光施設が休館日の場合は、別の施設に切り替わる場合もあります。
 拝観料、乗船料、有料道路、昼食代はお客様のご負担となります。 

本間美術館
文化10年(1813年)の別荘としてたてられたものです。昭和22年本間美術館として発足。
その後近代的新館と合わせて、書画、骨董等質の高い展示会が催されております。庭園(鶴舞園)には、名花珍樹が多く美術鑑賞とともに来訪者の目を楽しませています。
旧鐙屋邸
かつて北国一番の米問屋で、諸藩の年貢米を扱う蔵宿をつとめて繁盛しました。西鶴の「日本永代蔵」に鐙屋のにぎわいが描かれています。
本間家旧本邸
明和5年(1768年)本間家三代光丘が藩主酒井家のため、幕府巡見使宿舎として建造しました。
純武家屋敷造りの平屋建て書院造りです。
土門拳記念館
世界ではじめてという個人の写真美術館として世界誇る殿堂で酒田市名誉市民土門拳氏全作品が収納されています。
酒田市美術館
平成9年10月3日に開館した美術館です。日本洋画壇の重鎮森田茂の作品を常設展示するほか、年4回程度の多彩な特別展を開催しております。

観光タクシーのご予約はこちら

ページトップへ